VR TOUR・STREET VIEW
VRツアー・ストリートビューって何?

VR TOUR VRツアーとは

集客率アップに特化した360度のパノラマサービス

どこに行くのにも、何かを決めるにしても検索してから決めるという方が殆どだと思います。しかし、最近は写真の見せ方の技術の向上もあり、どこのサイトを見ても違いがわからない。
そして行ってみてイメージと違ったということはありませんか?
そんなときに役立つのが高品質のバーチャルツアーです。
バーチャルツアーを体験することでお客様が実際に施設の広さ、雰囲気、活用方法、金額等イメージしやすくなり、他社との比較や、実際に行く不安があって、今まで他社に流れてしまい取り逃してしまっていたお客様に納得、安心をしてもらい集客率を上げることに特化した360度パノラマサービスです。

※ VRゴーグルが無くても十分お楽しみ頂けるサービスです。

VR TOUR 01

よりVRツアーを楽しむために

VRツアーイメージ

色々な業態に対応できるバリエーション

  • 不動産
  • 求人
  • 施設
  • お店

様々な業態を想定してサービスの構築を行ってきましたので、お客様の声に多い「うちの業界では使えないかもしれない」というのを極力なくしております。

より伝わりやすく、より親しみやすく

お店や企業様のユーザー様や求職者へのメッセージを、私共のVRツアーというフィルターを通して見ることにより、より伝わりやすく、親しみやすくすることが可能です。
中が見えるということは、初めて行く人からしたらとても安心感が増すものです。それに加えて、お店のオススメや歴史、更にはメッセージさえも会わずして言葉で伝えることが可能です。

ストリートビューとの違い

とにかく安価

Googleストリートビューと違い撮影方法にしばりがありませんので、下記にもあるようにとにかく安価な金額でストリートビューよりも高度な画質でVR写真を撮影することが出来ます。勿論更新料や月額費用一切かかりません。

同じ場所で複数の写真をアップできる!

レストランであれば昼と夜のイメージはどちらも魅力的ですがお客様が求めている雰囲気は全然違います。ストリートビューでは昼か夜かどちらかのイメージしか掲載できませんが、VRツアーは同一の場所で昼と夜のイメージの違いを見せることが可能です。

公開範囲を限定出来る!

ある一定の時点の状態がWeb上にあがってしまったら困るというのがまたVRです。
それを解決できるのもVRツアーのようなオリジナルコンテンツです。見せたい人にだけ公開することができますし、見せたい時期のものを、その都度見せることも出来ます。VRツアーは一言で言うと説明能力の高い営業用ツールと言えます。

豊富なオプション機能

特に規模が大きい事業所様ですと見せたい箇所が多いケースがあります。
そうした時にストリートビューだと沢山の写真の中から見て貰うのって難しいですよね。VRツアーではメニューボックスにサムネイルと言ったオプションを用いることで見せたい施設をお客様にストレス無くお見せすることが出来るし、上記に有るように価格も安く抑えることが出来ます。

GOOGLE STREET VIEW
グーグルストリートビューとは

認知度・収穫力を高める360度パノラマサービス

ストリートビュー屋内版とはWeb上で建物内・室内を360°パノラマで見渡すことができるGoogleのサービスです。

実際に室内を歩いているかのような体験が可能!

撮影ポイントを移動することにより、実際に室内を自由に歩いているかのような臨場感を体験することができます。
Googleのサービスでありますので、検索順位にも効果があり、ただ見えるだけではなく、集客にとても効果的なサービスとなっております。

VRツアーとの違い

ネームバリューがある!

誰もが一度は何かしらのGoogleのサービスを利用したことがあるのではないでしょうか。そういったGoogleのサービスを活用することでお客様の安心感に繋がり、選ばれる率が上がります。

検索エンジンに関わってくる!

導入したことで実際に検索順位があがるという実績もあります。
当然それに応じてアクセス数も伸び予約数も増えたそうです。
ストリートビューは一言で言うと認知度、集客力を高める広告用ツールと言えます。

L.S.P SERVICE
L.S.Pのサービスについて

サービス比較表

VRツアー Googleストリートビュー ストリートビューぷらす
検索順位 検索エンジンに影響はない 検索順位はアップします。 一部のGoogleストリートビューが
使えない業種は影響はありません。
禁止業種 なし あり
(※1参照)
なし
画像加工 ナンバープレートと
顔のボカシのみ
オプション なし
知名度 ×
複数のイメージ撮影

(昼夜や春夏秋冬など)

× ×
広告効果
撮影ルール なし あり
(※2参照)
あり
(※2参照)

※1…Googleが定める禁止業種。
※2…最低撮影ポイントなど、決められたルールに沿って撮影。(①外観3m、②入り口前1m、③入り口中1mは必須)

撮影料金

VRツアーの場合の料金

撮影箇所:1箇所~
料  金:9,800円(税抜)~

VRツアーの撮影ポイントイメージ

Aの場所を撮影したい場合の撮影ポイント(一例)

Googleストリートビューの場合の料金

撮影箇所:9箇所~
料  金:69,800円(税抜)~

ストリートビューぷらすの場合の料金

撮影箇所:9箇所~
料  金:89,800円(税抜)~

ストリートビューの撮影ポイントイメージ

Aの場所を撮影したい場合の撮影ポイント(一例)